2007年03月19日

大ヒット!『さくらん』香港国際映画祭へ出陣!

20070302_01.jpg次は香港へ出陣!
今年で31回を迎えるアジア最大の映画祭「香港国際映画祭」(3/20〜4/11)に、ベルリンに続き正式出品が決定した。出品する部門は「特別招待・プレミア部門」。
アジア圏で初上映される作品のみが選出される部門であり、今年は日本映画のみ3本、『武士の一分』『バブルへGO!』と共に選出された。『さくらん』はこの部門の“オープニング作品”として映画祭初日の3/20の夜に上映される。まさしくベルリンの次にアジア圏初披露の「アジア・プレミア」となった。

当日はベルリン同様、レッドカーペット・セレモニーが執り行われ、蜷川実花監督と、安藤政信、木村佳乃が現地入りをする。3/15に発売されたチケットは即日完売した。

また、今回の映画祭では、伝統のある香港映画祭の30周年を記念し、今年から「亜州電影大奨/第一回アジア・フィルム・アワード」が行われることになった。これは最も優れたアジア映画を称える為に設立された賞であり、香港映画は勿論のこと、中国、台湾、韓国、そして日本と、アジア圏全域にわたる映画を対象とした賞はこれが初めてだ。

「アジア映画の最高峰が決定される、香港史上最大規模の国際映画イベントとなることでしょう」と事務局は発表している。授賞式は映画祭のオープニングである3/20 19時より香港セントラルタワーで行われ式の直後に『さくらん』が上映される。この授賞式に、木村佳乃・安藤政信がプレゼンターとして登壇することが決定している。

★香港国際映画祭オフィシャルサイト http://www.hkiff.org.hk/


「さくらん」
全国・満開大ヒット・ロングラン公開中!
(c)2007蜷川組「さくらん」フィルム・コミッティ (c)安野モヨコ/講談社
配給:アスミック・エース
公式サイト:http://www.sakuran-themovie.com/
posted by Players at 14:58 | 映画